タイトル

   深江まちづくり活動協議会は、平成24年4月13日、正式に発足いたしました。

     まちづくりのスローガン

      1 地域一丸。未来に発信!

      2 「ふるさと深江は 活気(かっき)あふれる ええまちや!」

行政と地域が一丸になる活動に取り組みます

 これまで、行政が主導的に行ってきたまちづくりは、地域と行政が協働して、あるいは
地域が主体的に取り組んでいくことが求められています。このような変化に対応して、深
江地域のさまざまな団体が相互に連携・協力して、より多くの人が参加しながら主体的に
活動し、深江地域を活気あふれる住みやすい地域にするために、「深江まちづくり活動協
議会」が発足しました。



まちづくり活動協議会
5つの部会(各種42団体)当面の活動テーマ

1.総務・広報部会 
   協議会運営・地域住民への広報

2.環境部会  
   花と緑のまちづくり
   深江の花を作る計画も

3.安全・安心部会
   防災・防犯・交通安全対策

4.歴史・文化部会
   深江の輪を広げよう、歴史文化を活かして
 
5.福祉・ふれあい部会
   つなげよう世代間交流の輪・独居老人の方にも配慮


発足までの経過
平成23年4月から、「深江まちづくり活動協議会設立準備会」を立ち上げ
                      月1〜2回協議会設立に向けて準備会を開催し、協議・検討(体制・規約・
                      ビジョン等)メンバー12名:連合・社協・防犯・青指・民生委員・
                      ネットワーク委員会・小学校などから選出。

   9月   アンケート調査

   12月   アンケート集計結果報告会(各種42団体出席)
                  ◎まちづくり活動協議会の説明
              ◎アンケート報告及び意見交換
平成24年
1月23日 アンケート集計結果報告会(各町会班長及び町会役員出席)

3月22日 深江まちづくり活動協議会の設立に向けて(各種団体)
        ここまでの経過説明、活動協議会設立について
        規約(案)の説明、体制について、運営委員の選出など。

4月13日  「深江まちづくり活動協議会」は運営委員3分の2の出席があり委員会は成立。
                 運営委員全員の承認で、中野壽夫議長を選出。

4月26日 13日に発足した「深江まちづくり活動協議会」は各種団体の出席のもとで、報告を行いました。

名簿
深江連合振興町会
深江連合振興町会
 当連合町会は、1町会より15町会まで 15の町会の連合体です。各町会は

独立しており、それぞれ行事を行っていますが、地域上げての活動・行事と成り

ますと、一団結して協力し合い、他の団体にも呼び掛けて行動しています。

 その為にも、月一回町会長会議を連合女性部長も交えて開催し、諸問題を討議

して、一致点を見つけ行動を起こしています。

 23年度は、深江社協あげての「深江まちづくり活動協議会」の発足向け、連

合町会が中心的な役割を担い、24年 4月13日に発足することとなりました。

内容については、団体紹介の「深江まちづくり活動協議会」(以下「深江まち協」)

を参考にしてください。 24年度進めていることは「夏の盆踊り大会」「秋の深江

歴史・文化まつり」を「深江まち協」の取り組みとして、各種団体との連携をもっ

て進めていぐことです。すでに盆踊り大会は、青少年二団体を中心に盛大なうちに

終了しました。

  「深江まち協」4部会の今後の取り組みを進めるに当たり、各部会でのアイデア

を出し合ってユニークな行動・取組を願っています。

 又、深江地区に交番所が無いということで、当面深江会館内に、24年 7月、防

犯・防災の拠点として詰所を設置し、今後の活用に期待しています。防災の為の倉庫

も南深江公園内に増設を行いました。

 従来の取り組みとしては、「秋の敬老会」「年末夜警」「学童見守り」「ふれあい

あいさつ運動」等も、継続して取り組んでいます。


















深江地区民生委員協議会
クリスマス会

当会は11名の民生委員・児童委員(内主任児童委員2名)で組織されています。
民生委員の日頃の活動を簡単に申し上げますと高齢者福祉・児童福祉・母子・父子家庭に関する福祉の相談や、介護保険の相談やその他いろいろあります。
これらの活動はその相談内容によって関係機関との連携を図りながら相談・支援活動を行っています。

  主な活動
 1月 深江小学校の3年生に「昔の生活の様子について」主任児童委員が語り「小刀を使ってのえんぴつ削り」は全民生委員
 5月 児童福祉月間では保育所等を友愛訪問
 8月 学校が休み中の夏の活動として、夏季児童青少年郊外指導活動
 9月 高齢者実態調査
10月 共同募金活動
12月 歳末たすけあい運動、福祉施設友愛訪問・ねたきり高齢者宅を友愛訪問
    クリスマス会
子育て支援活動として、0歳〜就学前の親子を対象にふれあいサークルを深江老人憩いの家で毎月第3火曜日開催(8月休会)。
これらの活動を通じてより一層地域福祉の向上に努めてまいりたいと思います。

















東成防犯協会深江支部
東成防犯協会深江支部 東成防犯協会深江支部
東成防犯協会深江支部 東成防犯協会深江支部

深江支部は平成21年の1月に松田支部長が他界されました。長年深江支部を支えて戴きご苦労様でした。
後任の支部長として馬場 靖が選任され前支部長の意志をついで東成区、深江地区の安全、安心な町づくりを全員で頑張ります。
青パトの運行、児童登校時、下校時の巡回見回り等の活動、正副防犯長と女性防犯委員との協力で安心、安全な町づくりを心がけています。

    主な行事

   3月  深江小学校卒業式の校門警備
   4月  深江小学校の入学式で校門の警備、布施地車パレードでの地車曳行の警備
   7月  深江稲荷神社のお祭り警備
   8月  深江稲荷神社と地車曳行警備、区民祭り地車曳行警備
   9月  敬老会の会場への安全路確保、会場警備。夜間パトロール宝永支部との合同で実施
  10月  深江稲荷神社秋祭り地車警備、東成区地域安全大会会場へのパレード、深江小学校運動会校門警備
  11月  暗越街道フォーラム深江地区の警備
  12月  年末警戒で毎週金曜日にパトロール実施、年末夜警を連合町会合同で実施









深江高齢者食事サービス委員会
深江高齢者食事サービス委員会

毎週木曜日、70歳以上の独居、高齢者所帯の人たちにいこいの家での会食、お持ち帰りの人、又こられない人にはボランティア人達で配食をしています。
会食にこられる人は皆さん顔を会わせるごとに、”おいしかったよ”と言って喜びの言葉をかけていただいています。
16年間、変わることなくボランティアの皆さんは頑張っています。

























深江更生保護女性会
更生保護女性会 更生保護女性会

当会は、会員11名で東成区更生保護女性会の事業の元に活動しています。社会を明るくする運動では保護司会・BBS会と共に募金活動や啓発活動。
全国春の交通安全運動ではPTAと連携しての啓発活動。お茶席では日本文化を通して地域の人たちとの交流。東成ウォークラリーでは昼食会場で豚汁作りにと、頑張っています。

主な行事予定
 4月  全国春の交通安全運動
 7月  「社会を明るくする運動」
     啓発パレード・バザー・募金活動他
 8月  区民まつり「お茶席」
11月 社会見学会
 1月  成人の日のつどい「お茶席」
 2月  自主研修会
 3月  公判見学会
     ウォークラリーへの協力




























深江 花と緑の町づくり委員会
深江花と緑のまちづくり委員会 深江花と緑のまちづくり委員会

深江花と緑のまちづくり委員会は、深江地区の各家庭から緑化を進めるため、 平成11年に発足しました。
主な活動は年1回の園芸教室です。

【行事履歴】
回数
開催年月(平成) 参加人数 使用した花木
11年12月 120 コニファ 葉牡丹 パンジー
12年 6月 150 ニオイバンマツリ サフィニア
13年 5月 129 ドラセナ バコバ ブテリス他
14年 5月 124 ガウラ ダイアンサス サルビア
15年 5月 126 ノボタン ベアグラス 紫露草他
16年 4月 100 姫フウロソウ 風知草 セキショウ
17年 4月 70 ラベンダー アツザクラ他
18年 4月 72 ルドベキア ヒメナデシコ他
19年 4月 75 カンパニュラ 姫松葉菊 源平菊他
10 20年 5月 62 マンデリラ ダリア ホクシャ他
11 21年11月 71 牡丹 ペンシテモン 大根草他

上記のように、毎回多数の参加者があります。そして花材には必ず宿根草または深江の町にふさわしい花木を選定し、毎年深江の町がより美しく、そして園芸教室の花木を通して深江地区のコミュニケーションづくりに役立ちたいと思っています。 今年の園芸教室は、新しい試みとして昨年の園芸教室で植栽していただいた牡丹の品評会を同時に開催する予定です。丹精込めて育てた牡丹を、ふるってご出品下さい。
















深江小学校

卒業生に贈るはなむけの言葉

(平成23年3月18日杉山清美校長先生式辞より抜粋)
卒業式

卒業生の皆さん、ただいま一人ひとりに卒業証書をお渡ししました。 これは皆さんが六年間の小学校生活で立派に成長した証がこめられているのです。 今年はことさらにこの卒業式が無事開式されましたことに安どと幸せを感じずには居られません。  ちょうど一週間前の三月十一日、東日本を襲った巨大地震とそれに引き続く大津波により、生活を奪われ、家族を奪われ、そして命を奪われ、卒業式を迎えることの出来ないたくさんの子どもたちに思いを寄せれば、本日の晴れの日の価値は、一層貴重に感じられます。家族の一人が行方不明になっているという一人の少女が、避難所でマイクを向けられた時、「昨日まで私はどんなに幸せだったか、今、分かります。」と言われた一言が私の胸を打ちました。みなさんもこの言葉をしっかりかみしめ、三つのことを大切にしてほしいと思います。 一つ目に、つつがなく生活していることの幸せをかみしめ、大切にしましょう。かわり映えのしないなんでもない毎日も人生の大きな宝物です。そして今日の日を心から祝ってくださる家族、地域の方々、様々な人達に感謝しましょう。 二つ目は自分自身を大切にし、家族のため、あるいは社会のため、そして自分のために生かすことを一人一人真剣に考えてください。先ほど一人一言の発表でも皆さんの決心がうかがわれました。夢に向かって地道な努力を重ねることも大切です。まずいろいろなことを学び、自分の特性をしっかり見つめて将来を考えることもいいでしょう。かけがえのない命であることを忘れないでください。 最後に、今日の日を大切に、一日一日を精いっぱい生きてほしいと思います。今日できることは今日しましょう。 以上、今ある幸せを、自分自身を、一日一日を大切にすることを胸に刻んでください。

新一年生をお迎えする言葉

(平成23年4月7日入学式 杉山清美校長先生式辞より抜粋)
入学式式

新一年生の皆さん、今日はどんな気持ちで学校へきましたか? きっとわくわく、どきどきしていることでしょうね。この深江小学校の先生方や事務職員さん、管理作業員さん、給食調理員さん、そして二年生から六年生までのお兄さん、お姉さん、学校中の、みーんなが新しい一年生の皆さんの入学を待っていました。みんなとても優しく親切です。安心してください。  今、ここから皆さんのお顔を見ていますと、みんなとても輝いています。 そこで、校長先生のお願いが一つあります。 それは「笑顔いっぱいの深江っ子」であってほしいという願いです。 一昨年、そんな願いをこめて「笑顔いっぱい深江っ子」という歌ができました。作ったひとは、深江小学校の去年の一年生から六年生までの子どもたちと先生たちです。後で二年生が歌ってくれることになっています。 少し長い歌ですが、歌にこめられた願いをしっかり受け止めてください。 1番 すてきな笑顔であいさつしましょう。 2番 やさしい友達になりましょう。 3番 しっかり食べて健康な体をつくりましょう。 4番 仲良くしっかり遊びましょう。 5番 ありがとうと素直に言える子になりましょう。 たくさんありますが、覚えられましたか。安心してください。この式のあと、 教室で歌をプリントしたものを配ります。おうちで家族のみんなと一緒に唄を読んで、味わってください。  新一年生の皆さん、最後までお行儀よく、静かに校長先生のお話を聞けました。明日からは「おはようございます」と皆さんが元気に学校へやって来るのを楽しみにしています。  これで、校長先生のお迎えの言葉を終わります。

笑顔(えがお)いっぱい 深江っ子

1.おはようの いい笑顔                    4.大好きな ドッジボール
  わたしが笑うと 散(ち)らばって               芝生(しばふ)でサッカー おにごっこ
  魔法(まほう)みたいに みんなが笑う           けんかしたって すぐ仲直り
  今日の元気が わーくわく                     今日もやる気が わーくわく
  ラララ ひろい心に 大きな夢(ゆめ)           ラララ ひろい心に 大きな夢(ゆめ)
  笑顔すてきな 深江っ子                       笑顔すてきな 深江っ子
  みんな仲間さ 深江っ子                       みんな仲間さ 深江っ子

2.どうしたの? だいじょうぶ?             5.さようならの いい笑顔
  失敗(しっぱい)したって ドンマイと           もっといっしょに いたいけど
  励(はげ)ましてくれる 友達いれば             またあしたねと やくそくしよう
  今日も勇気が わーくわく                     今日も一日 ありがとう
  ラララ ひろい心に 大きな夢(ゆめ)           ラララ ひろい心に 大きな夢(ゆめ)
  笑顔すてきな 深江っ子                       笑顔すてきな 深江っ子
  みんな仲間さ 深江っ子                       みんな仲間さ 深江っ子

笑顔いっぱい深江っ子
3.いただきますの いい笑顔
  今日の給食 カレーライス
  いっぱい 食べて 大きくなるよ
  今日もおいしい もーりもり
    ラララ ひろい心に 大きな夢(ゆめ)
  笑顔すてきな 深江っ子
  みんな仲間さ 深江っ子
ふかえ保育園
ふかえ保育園
郵便番号 537−0002
住所 大阪市東成区深江南3−7−18
電話番号 06−6971−9177
園長 鎌田 千嘉子
定員 30名(0〜2才まで)
保育目標 心豊かな たくましい 子どもを 育てよう
保育理念 明るく家庭的な雰囲気の中で 子どもが安心してのびのびと育つ
環境づくりに努め 安全 安心 清潔を常に心がけ 保護者の皆
様が安心して預けられ 親しまれる保育園をめざします。
特色 隣接する深江幼稚園の園児との交流や行事参加など連携を行います。
創立 平成21年4月1日

お知らせ
  平成22年5月より毎月第3水曜日10時から11時まで園庭開放を致します。対象は
0〜2歳児の親子です。皆さんのご参加をお待ちしています。(8月と雨天の場合は中止です。)













IT広報委員会
IT広報委員会

深江社会福祉協議会のホームページを立ち上げて5年になりますが、平成22年春 から23年12月末まで、区役所からIT支援を受け、様々な勉強会を行ってきました。 ブログの講習、チラシ・ポスターの制作講座、デジタルカメラ撮影と画像管理、ワード で段組み・表の作成、アクセキ解析、この秋(10月)には、エクセル講座(名簿管理と 会計処理)で、一連の講座は継続中であります。

また、IT広報委員会としての独自の取り組みは、平成22年秋、第1回初心者向け 「パソコン教室」計8回を設定し、38名申し込みで実施しました(深江小パソコン教室)。 今年(平成23年)も9月から第2回の「パソコン教室」を参加者31名で実施中であり ます。高齢化世代を迎えておりますが、パソコンを扱って楽しんでもらえる内容の講 習を行っております(年内計8回)。
























すみれの会
日本庭園 すみれの会

健康づくり推進協議会「すみれの会」は、寝たきり0(ゼロ)をスローガンに 寝たきりにならない!させない!と頑張っている団体です。
また、会員の皆様は、生涯を通じた健康づくりを推進するリーダとして活動しています。
 活動内容としては、
健康づくりや在宅介護に関する普及啓発活動・研修活動・ボランティア活動などがあります。健康展・ふれあい広場や保険福祉センターで行われている健康教室に積極的に活動しています。保険福祉センターで毎年行われている「すこやかフロンティア講座」「介護予防応援団」を受講し、入会を希望された方々によって、すみれの会の輪は広がっています。
最近では、「歩育」に重点を置き、万博の日本庭園を散策し自然と緑を満喫し愉しんで参りました。